日々是育児
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はま子ちゃん
時々「はま子ちゃんの歌、歌ってよ~」とせがまれます。
渡辺はま子の「蘇州夜曲」。
子供の頃祖父に教わった昭和の名曲です。
沖縄方言の子守唄「童神」もよくリクエストされます。

日本の抒情歌にはいい曲がたくさん。
私はただ、幾つかお気に入りを歌っているだけだから、
息子が興味を示した時はちょっと意外でした。
意味もわからんだろうに。

寝物語でも似たようなことが。
寝る前にお話をねだられて、でも、とても長々と話す余力が残っていなかった夜のこと。
うんと短いストーリーにしよう。
そうだ、短歌だ!
息子は上の句で下の句をあてる、ちょうどカルタのような遊びにはまり、
「初恋の、痛みを遠く、おもいいづる日!」なんて声を張り上げています。二歳児が、初恋。ププ。
更に短く楽チンに、俳句でも。
こどもは良く覚えます。
ある晩は、寝かしつけの最中、まだ仕事中の夫に敬意を表し、
中村草田男の「降る雪や明治は遠くなりにけり」の一部を夫の名前に変えて教えたところ、
そのまま覚えてしまい、今ではすっかり息子の十八番に。
もはや訂正不能です。

意味がわからなくたっていいさ。
息子と二人、日本のメロディーを、語感を遊んでいます。

スポンサーサイト
いくつになったかな

*script by KT*

いくつになったかな

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリ
フリーエリア

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。